ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月11日

後半の戦いは「希望が持てる」と評価も…成長求めるハリル「未熟なところが出た」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、1-3で敗れたブラジル戦を「二極性があった」と振り返った。

 日本はビデオ・アシスタント・レフェリーによって与えられたPKで先制を許すと、前半のうちにリードを3点に広げられてしまう。後半には槙野智章のゴールで一矢報いたが、このまま敗戦を喫した。

 ハリルホジッチ監督は試合後の記者会見で前半の戦い方に悔しさを滲ませた一方、後半の戦いには一定の満足感を示した。

「私が言いたいのは、二極性があったということだ。前半に選手の頭になにがあったかはわからない。ビデオ判定でPKがあった。それでチームのバランスが崩れたかなと思う。不安定になったところで、相手はその状況を利用した」

「後半はまったく違う状況になった。1点目が決まれば、2点目、3点目も決まると言っていた。後半は満足のいく結果だった。でも課題もある。このような試合からは多くの結論を出すことができる。前半が残念だった。もっともっとできたかなと思っている」

 また、「世界一のチームとの対戦だとしても、敗戦は嫌い」だという指揮官は、この試合をきっかけに、ワールドカップへ向けてさらに成長していく必要があると述べた。

「試合前から世界一のチームと対戦すると言ってきた。そのチームに対して後半のような戦い方ができたのは希望が持てる。もちろん嬉しくはないし、メンタルの面で満足していない。未熟なところが出たと思う。次回、こんな試合があれば、この経験から冷静にできるかもしれない。W杯に向けて成長を続けないといけない。そのころにはより高いレベルで戦えるようにしたいと思っている」


きんg
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報