ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月10日

日本、強豪ブラジルに3失点敗戦…“天敵”ネイマールにまたも得点奪われる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10日、国際親善試合がフランスのリールにて行われ、日本代表とブラジル代表が対戦した。

 日本のGKは川島永嗣。最終ラインは右から酒井宏樹、吉田麻也、槙野智章、長友佑都の4人。長友はこの試合が日本代表100キャップ目となり、キャプテンマークを託された。中盤には長谷部誠、山口蛍、井手口陽介の3人が並ぶ。前線は原口元気、大迫勇也、久保裕也となった。

 ブラジルのGKはチッチ体制で正守護神を務めるアリソン。最終ラインは右からダニーロ、ジェメルソン、チアゴ・シウヴァ、マルセロの並び。アンカーポジションにカゼミーロが入り、インサイドハーフにフェルナンジーニョとジュリアーノ。前線はネイマール、ウィリアン、ガブリエル・ジェズスとなった。なお、チッチ監督就任以降は持ち回り制でキャプテンを決めており、日本戦ではウィリアンが初めてキャプテンマークを巻く。

 開始7分、ブラジルがCKを獲得する。GK川島がパンチングでクリアしたが、その2分後に主審がビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)での確認を指示。エリア内で吉田がフェルナンジーニョを掴んでいたとして、ブラジルにPKが与えられた。このPKをネイマールが沈め、ブラジルが先制する。ネイマールは日本戦4試合で8得点目となった。

 続く15分、槙野がエリア内でガブリエル・ジェズスを倒してしまい、再びブラジルにPKのチャンス。ネイマールのPKは川島がストップするも、これで得たCKからマルセロのミドルシュートが突き刺さり、ブラジルが追加点を奪う。

 日本の決定機は28分、吉田が直接FKで狙ったが、惜しくもクロスバーを叩いた。36分、ブラジルがカウンターを発動。オーバーラップしてきたダニーロのクロスをガブリエル・ジェズスが押し込む。前半は0-3で折り返す。

 日本は後半開始から久保に代えて浅野拓磨を投入する。ブラジルはGKを交代。アリソンを下げて、カッシオがゴールマウスに立った。すると62分、井手口のCKに槙野が打点の高いヘディングで合わせて1点を返す。

 70分には長谷部と原口に代えて、森岡亮太と乾貴士を送り出す。80分には杉本健勇を投入し、反撃を狙う。87分にはFKから杉本がヘディングでゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定となった。

 試合は1-3で終了。次戦は14日、日本はベルギー代表と、ブラジルはイングランド代表と国際親善試合を行う。

【スコア】
日本代表 1-3 ブラジル代表

【得点者】
0-1 10分 ネイマール(ブラジル/PK)
0-2 17分 マルセロ(ブラジル)
0-3 35分 ガブリエル・ジェズス(ブラジル)
1-3 62分 槙野智章(日本)


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報