ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月14日

ハリルが求める“ゲームを読む力”…課題のプレスは「試合の状況が決めるもの」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 14日のベルギー代表戦を控え、日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が13日に公式会見に臨んだ。

 10日に行われたブラジル代表戦では、前からハイプレスをかけるのか、引いて守るのかという意思統一ができていないようなシーンが見受けられた。主将の長谷部誠(フランクフルト)も「前から行った時に結構取れていたのでそれを続けたいと思う反面、カウンターでかなりやられていたので、もう少しブロックを引いてやってもよかったかもしれない」と試合運びに悔しさをにじませた。

 課題として残った「行くのか、引くのか」の使い分けに関し、ハリルホジッチ監督は「いつハイプレスをかけるのか、いつブロックを組み立てるのか。それはゲームの状況が決める」と語り、選手にゲームを読む力を求めた。

「ブロックはハイブロック、ミドルブロック、ローブロックの3つがあるが、それを私が『ここで作りなさい』ということではなく、ゲームの状況、相手の状況によって位置を決めるもの。もちろんタッチラインから『前から行け』、『戻ってこい』という指示を出すことがあるが、聞こえないこともあるし、聞こうとされていないこともある。いつ、どのようにプレスをかければいいのかというのは選手にも聞かれたが、『開始8分でハイプレス』という指示は出せない。これはゲームコントロール、ゲームマネジメントだ」

 また、対戦相手のベルギー代表については「世界でトップ4に入るチーム」と印象を語ったハリルホジッチ監督。「(ベルギー対)メキシコ代表戦の後にいろいろな議論が起こっていると聞いた。それが不満につながっていれば、逆に日本戦への力になるかもしれない。そのような力強いベルギーとの対戦を想定して準備をしなければいけない」とコメントした。




きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報