ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年05月14日

宇佐美貴史、“嗅覚”の反撃弾で2部優勝に貢献!「普段ないようなゴール」

Düsseldorf
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あの瞬間、なにか感じたんですよね」。反撃へ勢いをもたらしたのはFW宇佐美貴史の“嗅覚”だった。

 ブンデスリーガ2部第34節が13日に行われ、2位デュッセルドルフは敵地で首位ニュルンベルクと対戦。最終節で優勝がかかった直接対決は、デュッセルドルフが立ち上がりの6分、12分と立て続けに失点を喫してしまう。トップ下で先発出場した宇佐美は「硬さもあったのか、粘り切れずに簡単に2失点してしまった」と振り返ったが、「でも2失点したから逆に吹っ切れた」。

 すると37分、その宇佐美に見せ場が訪れた。DFニコ・ギーセルマンが左サイドから精確なクロスを上げると、ペナルティーエリア中央でフリーの宇佐美がヘディングシュートを叩き込み1点を返した。今シーズン8点目は、直前に「なにかを感じた」という“嗅覚”が働いたゴールだった。

「普段は入っていかずに、枚数もいたし、味方が2人は入っていたので、僕はセカンドボールを狙おうと思っていた。だけど、なんか(ボールが)来る気がして、行ったらちょうどピンポイントで来た。なんとなく来そうだなと思ってふわっと入ったら、いい感じで後ろから入っていけて、マークもいなかったですし、ヘディングもいいコースに飛んで行きました」

 このゴールで逆転への口火を切った。「ヘディングでゴールはイメージしていなかったですけど、でもこういうときに普段ないようなゴールが出て、チームに勢いがついたと思います」と宇佐美が語れば、同じく先発出場のMF原口元気も「タカシが1点取ってくれたことによって『いけるんじゃないか』と思えた」と口を揃えた。

 勢いを得たデュッセルドルフは59分にギーセルマンのミドルシュートで同点に追い付くと、後半アディショナルタイム1分にはDFカーン・アイハンのヘディングシュートで劇的に勝ち越し、3-2の逆転勝利。今シーズン最後の大一番を制して、ブンデスリーガ2部優勝を飾った。

 反撃弾で優勝に貢献した宇佐美は、「2部とは言え、タイトルであることは間違いない。街の人たちも喜んでくれると思うし、クラブも2部でタイトルをとって1部に上がったという自信を持って(来シーズンは)挑めると思うので、そういったところに自分自身も少しでも貢献できたのは嬉しいです」とドイツでの初タイトルを喜んだ。


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報