ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月13日

初勝利の西野監督は攻撃陣を高く評価…2得点の乾について「前半外しまくったので…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国際親善試合が12日に行われ、日本代表はでパラグアイ代表と対戦。前半に失点するも、後半に乾貴士の2ゴールで逆転すると、相手のオウンゴールで3得点を記録。終了間際にミドルシュートから2点目を奪われるも、直後に香川真司がダメ押しとなる4点目をマーク。日本代表は2018 FIFA ワールドカップ ロシアの開幕前最後の一戦で4-2の勝利を収めた。

 試合後、西野朗監督は「ハイリスクを持たない中で落ち着いてやろうと。ただゴールに向かわなければいけない。そういうバランスと推進力が後半は出たと思う」と初勝利となった一戦を振り返った。4得点を奪った攻撃陣については「ただ縦に急ぐのではなく、ボールを保持しながらタイミング、状況を見て縦への攻撃ができました。崩して攻撃できたのは非常に良かった」と評価した。

 さらに、この試合で2得点を奪い勝利に貢献した乾貴士についてもコメント。「前半のチャンスで外しまくったので『重りを外せ!』と。スパイクも変えて良かったのではないでしょうか」

 日本代表は19日、ロシアW杯グループステージ初戦でコロンビア代表と対戦する。

W杯目前の初白星で初戦へ弾み…西野監督「これからの準備が楽しみな結果」

 日本代表は12日、国際親善試合でパラグアイ代表と対戦し、4-2で勝利した。2018 FIFAワールドカップ ロシア前最後のテストマッチで就任後初白星を収めた西野朗監督は、試合後の会見で「これからの準備が楽しみな結果と、選手個々のパフォーマンスには非常に満足している」と評価した。

 西野ジャパンは初陣のガーナ戦(5月30日)とスイス戦(6月8日)で、ともに2失点の完封負けを喫した。それでも、3試合目のパラグアイ戦は32分に先制を許したが、MF乾貴士が51分に西野ジャパン初ゴールを挙げると、63分にも追加点を決めて逆転。77分にオウンゴールでリードを広げ、90分に反撃弾を浴びたが、直後にMF香川真司が追加点を挙げて4-2で逆転勝利を収めた。

 西野監督は「ここ1、2戦は敵エンドのアタッキングサードに入って(ペナルティ)ボックスを攻略できていなかった。そこの最終的にフィニッシュまでどう捉えていくかを、今日はチームとして一番フォーカスしていた」と、この試合で掲げていた攻撃面のポイントを明言。前半こそ「ここ1、2戦と同様に最終的なフィニッシュに持っていけなかった」と話したが、後半は「香川が積極的に絡んでいったり、乾の仕掛けも増えたりして、そういう中で得点に結びついた。ハーフタイムの中で良い修正ができた」と振り返り、「得点のアプローチを強調しながら修正し、得点できて勝利できた。非常にポジティブに(W杯に)入ることができると思う」と満足感を示した。

 その一方で西野ジャパンは3試合連続で2失点を喫している。そのため指揮官も「今日は4得点で勝利したとはいえ、2失点しているところにフォーカスを当てないといけない」と守備での反省点を挙げた。「完全に崩されたわけでもなく、こぼれ球のリアクションが遅かったり、不用意なFKを与えたり、寄せが足りなかったり、そういう局面の厳しさやバトルで状況がガラッと変わってしまうシーンが多く、(相手に)決定機を与えている。リスタートについてのリスク管理をしていかないと、これからますます(相手の)リスタートの精度が高くなるし、リアクションしなければならない状況があるので、修正しないといけない」。

 また、この試合では途中から3バックへと変更するプランもあったという。西野監督は「パラグアイはリードされるとパワープレーを仕掛けてくるスタイルがある。(相手の)ベンチを見ていたけど、(パワープレー要員が)入ってこなかったので、そのままにしましたが、最終ラインに1枚入れることも考えました」と明かし、「本戦になっても、そういうケースもあると思う」と大会を見据えている。そのため、3バックと4バックのシステムについて「併用は考えています」とコメント。「4バックで結果が出たからということではなくて、状況を常に考えながら、(3バックも)持っておきたいオプションのひとつです」と話した。


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報