ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月11日

フライブルクの新戦力、ヴァルトシュミット「得点を積み重ねていきたい」

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「もちろん、得点を重ねていきたいと思う」そう語った今夏加入の新戦力、ルカ・ヴァルトシュミットは、さっそくここ2試合のテストマッチで4得点とゴールを量産。22才の若手FWには、昨季に孤軍奮闘したニルス・ペテルセンの負担を軽減することが期待されている。

「でもニルスが20点とって、僕が2点でも、それはそれで構わないよ」と同選手。「重要なことは誰が点を取ったかではない。チームがいいシーズンを過ごすことにあるのだから」と言葉を続けた。

フライブルクではセカンドトップを配置する、4バックによる2トップのシステムが採用されているが、「僕の本職はトップではなく、それより少し下がったところ」であり、ウィングとしてもプレーは可能だが「ゴールに近い方が好みだね」とのこと。

ただポジションよりも重要だと考えているのは、チームとしてのプレースタイルであり、「ロングボールを多用されると、僕にとっては難しいものになってしまうだろうね。フライブルクはショートパスを採用しているし、それは僕にとってもマッチすると思うんだ」とコメント。

そしてシュトライヒ監督は、これまで長い間そんなヴァルトシュミットの獲得に尽力しており、「今年の冬にもあったよ。今回うまくいってうれしいね」と同選手。ただハンブルクが2部に降格しての移籍という形になってしまったが「簡単ではなかったし、ショックだったけど、でも気持ちを切り替えた。どうしようもないことだしね。今シーズンはもっといいシーズンにしていきたい」と意気込みをみせた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報