ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月17日

ブラボー!宮市

FC St. Pauli.
FCザンクトパウリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Fussball Freundschaftsspiel Hannover 96 FC St Pauli am 24 03 2016 im August Wenzel Stadion in Bar

ブンデス2部最終節、カイザースラウテルン戦で今季初先発出場を果たした宮市亮。開始4分で相手に先制点を許す流れとなったのだが、そのわずか1分後には移籍後初得点で同点とし、ビルト紙はその時に宮市の目に涙が浮かんでいたと伝えた。


「気持ち的にぐっとくるものがありましたね」と宮市。


昨夏にアーセナルから加入するも、開幕前に前十字靭帯を断裂しており、4月1日にようやく復帰を果たすと、ここまで3試合の途中出場が続いていたのだが、この日は同点弾、逆転ゴールのアシスト、そして決勝点をマークする活躍を披露。


チームメイトのブフトマンは「ものすごいポテンシャルをもった選手。とてもいいヤツだし、楽しませてくれる存在だよ」と語った。


宮市は「長い間、我慢を強いられました。今はようやく、70分までプレーできるところまできています。ここでシーズンが終わるのは残念ですが、来季が楽しみですよ」とコメント。


ビルト紙は、試合後ミックスゾーンで再び涙を浮かべた宮市に対して、『恥じることはない。ブラボーだ、リョウ!』と記事を結んだ。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報