Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年12月27日

グルエソ移籍で資金獲得か

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gruezo8-1451127229

約2年前に期待の若手として約100万ユーロで迎え入れられたカルロス・グルエソ。しかし20歳のエクアドル人MFは、度重なる監督交代など、クラブの混乱により苦戦を余儀なくされてきた。


獲得したステフェンス前監督時代では、その後8試合に出場するなど、1部残留に貢献。しかし昨夏に監督に就任したフェー前監督の下では、第7節でのミスから役割を失い、ステフェンス監督が復帰するも、激しい定位置争いの中で出場機会を得られない日々が続いている。


マネージャーのドゥット氏は「たとえ役割を得られていない状況でも、彼は熱心に練習に取り組んでいる。才能のある選手だが、ただディエのように似たタイプの選手が定位置争いで抜けており、プレッシャーをかけるには難しい状況だ」とコメント。


そのほかシュトゥットガルトのボランチでは主将のゲントナーのほか、若手のリーストル、さらには今夏に加入して終盤で出場機会を得たルップが控えているところだ。


対人戦を得意とする若手MFだが、資金を必要とするシュトゥットガルトが、今冬にも売却に動く可能性はあるだろう。


現在シュトゥットガルトではCBの他、攻撃的MF、そしてFWの補強が求められている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker