ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月04日

シュトゥットガルト、グロスクロイツ獲得に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2016-01-03 22.49.16


シュトゥットガルトは間もなくして、新たに2選手を獲得することになりそうだ。アルテム・クラヴェッツとケヴィン・グロスクロイツ。両選手とも既にシュトゥットガルトにてメディカルチェックを受けているところだ。


マネージャーのドゥット氏は「グロスクロイツの移籍はまだ決まっていない。クラブ間でまだなんだ。近く合意に至ることを願っている」とコメント。「ケヴィンは素晴らしいクオリティをもった、勝者の精神をもった選手。加えて複数のポジションでプレーが可能であり、チームにとって大きなプラスとなるよ。イスタンブールでの不運な時間を経て、ケヴィンは再びサッカーをすることへ燃えている」と語った。


グロスクロイツは今夏にドルトムントからガラタサライへと移籍。しかしガラタサライ側の書類の不備により、グロスクロイツは今年からプレーが可能となっていたのだが、しかしその時が訪れることはもう無さそうだ。


さらにシュトゥットガルトはクラヴェッツの獲得へと動いており、ドゥット氏は「ディナモ・キエフとはまだ書類上の問題を残しているのだが、選手とはもう合意しているよ。彼のクオリティはウクライナ国内だけでなく、チャンピオンズリーグでも証明済みだ。それにユーロ2016出場権獲得にも貢献している。実は夏から彼の獲得を目指していたのだよ」と明かしている。