ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月12日

シュトゥットガルト、タシュチーをプロ契約

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tashchy800-1455201860


シュトゥットガルトは木曜、ボリス・タシュチーとのプロ契約を締結したことを発表した。クラムニー暫定監督が就任して以降、トップチームで居場所を見出した22歳は、2018年までの契約にサインしている。


マネージャーのドゥット氏は「ボリスはセカンドチームでいいパフォーマンスを見せ目立つ存在となり、そして後半戦ではトップチームに定着している」と評価。「彼のポジティブな成長は見て取れているし、これがこのまま継続されていくよう願っているよ」と語った。


2014年10月にシュトゥットガルトIIへと加入した同選手は、ここまでブンデス3部40試合に出場。今季6得点を含む9得点をマークしており、トップチームでは第14節以降3試合で途中出場を果たしている。





試合後コメント

主将:クリスチャン・ゲントナー
ダメージだね。ベルリンに行きたかったんだけど。でも気持ちは切り替えないと。それができれば、ベルリンでも勝利を収められるさ。


今の僕たちは、ベンチメンバーまでいい選手が揃っている。これからも継続していけると思うよ。最近得た勝ち点によって救われているところがあるんだ。


今はピッチに立つと、自分の後ろにいい選手がいるんだという感覚を覚える。練習で全力を出さなくてはいけないし、手を抜くことなんてあってはういけない。それがこのチームにとって重要なことなんだ。