ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月15日

ギンチェクが靭帯を断裂!さらに数ヶ月の離脱へ

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1455463119


3月の復帰を目指していたダニエル・ギンチェクだが、再び靭帯を断裂し、これからさらに数ヶ月の離脱に入ることが明らかとなった。


マネージャーのドゥット氏は「この知らせは我々はもとより、ダニエル自身にとって辛いものだ」とコメント。「彼はこれまでにもファイターであるところを見せいているし、我々としては全面的にバックアップしていく」ことを約束している。


またクラムニー監督は「チーム練習参加に向けて重要な進展を見せていた」ことも明かし「ダニエルにも我々にとっても大きな不運だ。チーム全員が手術の成功と早期の回復を願っている」と語った。


ギンチェクが前十字靭帯を断裂するのは、これがはじめてではない。清武や長谷部が所属していた時期のニュルンベルク時代にも、今回とは逆の足ではあるが断裂。しかしリハビリを行っていた時期に、シュトゥットガルトは同選手の獲得へ至ったという経緯がある。





試合後コメント

監督:クラムニー
このポジティブな流れを継続していきたいね。ただ今のところはまだ、新しい目標設定をする必要はないよ。連勝がどこまで続くのかって?終わって欲しくはないし、これからも続く可能性はあるさ。


もちろん我々としては下位争いよりも、さらに中盤の中に食い込んで行きたいとは思っていがね。


ディエの得点は、まさに意欲の賜物だ。力強いプレーが実を結んだんだよ。