ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月23日

ドゥット氏、月曜開催に批判

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

dutt800-1458648094

5月1日の日曜日に大規模なデモが行われることを考慮し、安全対策から5月2日月曜の試合開催を決定したブンデスリーガ。


しかしシュトゥットガルトでマネージャーを務めるロビン・ドゥット氏は「配慮がない。理解に苦しむ」と批判を展開した。


その理由は、ブレーメンとのアウェイ戦にファンが向かうには、650kmの道のりを、平日に向かわなくてはならないという問題がある。「残留を争うチームとの直接対決では、当然我々としてはファンからの大きなサポートが欲しい。これは我々にとって不利なものであり、受け入れ難いものだ」とドゥット氏。


ただしまだ土曜日開催の希望はあり、もしもドルトムントがEL準決勝に勝ち進んだ場合には、ドルトムントvsヴォルフスブルク戦が月曜日に開催され、入れ替わりでブレーメンvsシュトゥットガルト戦は土曜日の開催になる。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報