Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月06日

ディダヴィ、ヴォルフスブルク移籍を決断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1459852176

ダニエル・ディダヴィの延長を目指してきたシュトゥットガルトだが、同選手は火曜、来季よりヴォルフスブルクにてプレーすることを明らかにした。


ここまで10得点5アシストをマーク。チームにとって欠かせない存在となっているディダヴィは、1998年からシュトゥットガルトに在籍した自前の選手。「人生の中で最も難しい決断を下した」26歳のプレイメイカーは、「オープンな話し合いを続けてきた。駆け引きはしたくなかったし、純粋にサッカー面を考えての決断だ」と説明し、2011/12シーズンにレンタル移籍した先で指揮官を務めていたヘッキング監督率いるヴォルフスブルクが「自分の目的とマッチしていた」と語っている。


なお海外への移籍については、「代表選手でもない限りは厳しい」と考えていたとのことで、マネージャーのドゥット氏によれば「冬季休暇期間中に移籍の決断は伝えられていた」ものの、チーム状況の厳しさから今冬での移籍は見送ったことも明かした。


ディダヴィは「シーズンはまだ終わっていない。kろえからの試合で、ディダヴィらしさを残していきたい」とコメント。


その一方でファンからは、ディダヴィのSNSへ厳しいコメントが寄せられており、同選手は移籍への理解を訴えるコメントを掲載している。


ディエが今季絶望に


ダルムシュタット戦での序盤に内転筋を負傷するも、そのままプレーを続けていたセレイ・ディエだが、その後の検査の結果で内転筋付近の腱を断裂していたことが判明。今季中の復帰が絶望となった。さらに来シーズンの開幕も、負傷を抱えたまま迎えることになるという。


今季31歳のボランチは23試合に出場。1得点1アシストをマークしていた。


2部カイザースラウテルンからツィマー獲得


シュトゥットガルトは2部カイザースラウテルンより、サイドの前後でプレー可能な22歳ジャン・ツィマーを獲得した。


2004年よりカイザースラウテルンに在籍する同選手は、ここまで2部56試合に出場。ドイツU21代表にも選出されており、今季は前半戦で負傷を抱えたものの、後半戦では調子を上げ、1得点6アシストをマークしているところだ。


獲得金額は、例外条項により200万ユーロとなっている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker