Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月27日

「クラブに貢献したい」 ドイツ挑戦の浅野、新天地での活躍へ意気込む

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

26日、アーセナルからMF細貝萌所属のブンデスリーガ2部シュトゥットガルトにレンタル移籍することが発表された日本代表FW浅野拓磨。同選手はシュトゥットガルトのクラブHPを通じてコメントを残している。


加入に際して浅野は、「シュトゥットガルトでの仕事を楽しみにしています。シュトゥットガルトに限ったことではないですが、ブンデスリーガでは多くの日本人がより成長し、良い経験をしています」とコメントし、日本人選手が多数在籍するドイツの地でのプレーに心躍らせた。


さらに、浅野は同僚となる細貝ともすでにコンタクトを取っているようで、「細貝萌さんとも十分に話しました。僕はここで自分のクオリティを発揮し、クラブの目標達成に貢献したいです」と1部復帰を目指すチームの助けとなることを誓った。


また、シュトゥットガルトのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるヤン・シュインデルマイザー氏は浅野に関して、「拓磨は我々にとって完璧な加入となった。彼はゴール前で危険な存在になれる。どちらの足でも得点を決められるし、速くて機敏な選手だ」と期待を込めた言葉を残している。


現在21歳の浅野は、今夏にサンフレッチェ広島からアーセナルへ移籍。しかし移籍金の額が大きな要因となったようで、イギリスの労働許可証を得ることができず、シュトゥットガルトへのレンタル移籍が決定した。



きんg


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker