ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月29日

シュトゥットガルトが劇的逆転勝利で4連勝、昇格に前進…浅野は前半のみ出場

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブンデスリーガ2部第31節が29日に行われ、ニュルンベルクと日本代表FW浅野拓磨の所属するシュトゥットガルトが対戦した。浅野は5試合連続の先発出場で、左FWに入った。

 3連勝で首位を走るシュトゥットガルト。今節は9位ニュルンベルクとのアウェイゲームに臨んだ。

 試合が動いたのは25分、ニュルンベルクは早いリスタートから、左サイドでパスを受けたハノ・ベーレンスが中央に切り込み、右足を振り抜いてゴール左隅に決めた。さらに33分にはカウンターから追加点。自陣でボールを奪うと、セドリック・トイヒャートがドリブルで一気に持ち上がり、そのままペナルティエリア手前中央から右足シュートをゴール左隅に沈めた。

 2点ビハインドで折り返したシュトゥットガルトは、浅野に代えてダニエル・ギンチェクを投入して後半を迎えた。すると立ち上がりから首位を走るチームの勢いを見せつける。47分、シモン・テローデが自ら獲得したPKをゴール左隅に蹴り込んで1点差。50分には、左CKでギンチェクがヘディングシュートをゴール左隅に叩き込み、早くも同点に追い付いた。

 しかし、その後は膠着状態が続き、このまま引き分けで終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。シュトゥットガルトは左サイドからのクロスを、エリア内右のギンチェクが頭で折り返し、ニアサイドのテローデが倒れ込みながら繋ぐ。するとエリア内中央のフロリアン・クラインがダイレクトで右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。

 試合はこのまま終了し、シュトゥットガルトが3-2の劇的逆転勝利で4連勝。首位をキープしてまた一歩昇格に近づいた。

【スコア】
ニュルンベルク 2-3 シュトゥットガルト

【得点者】
1-0 25分 ハノ・ベーレンス(ニュルンベルク)
2-0 33分 セドリック・トイヒャート(ニュルンベルク)
2-1 47分 シモン・テローデ(PK)(シュトゥットガルト)
2-2 50分 ダニエル・ギンチェク(シュトゥットガルト)
2-3 90+1分 フロリアン・クライン(シュトゥットガルト)
きんg
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報