ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年08月03日

手応えを感じる、昇格組シュトゥットガルトの主将ゲントナー

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


若手中心かつ多くの新戦力を迎えているシュトゥットガルトにおいて、経験豊富なベテラン選手の存在は重要なものだ。そのうちの選手の一人が、キャプテンのクリスチャン・ゲントナーである。

「若手がいて、自分がベテランであれば、それは必然的なものさ」と語った31歳のMFは、若手選手について「大きなポテンシャルを持っているし、ブンデスでうまくやっていける可能性をもっている」と評価。

そこまでの道のりについては「それぞれを見てくれ。でも良い形でこれているだろう?」と述べ、またチームとしては昇格組としてのぞむ1部での戦いにむけ「かなり戦術面に時間をさけている」と進展をみせていることを明かした。

なお日曜日にはベティス・セビージャとのテストマッチが控えており、「たぶん今夏ではじめて相手のポゼッションが上回る試合になるだろう」と予想。「かなり守らないといけなくなってくるし、それはブンデスでの戦いではよくあることになるんだ」と、その重要性について説いている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報