ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年08月31日

先制点の浅野「これからの代表を引っ張る」…歴史を覆した左足!

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選が31日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦した。

 41分、DF長友佑都の右足でのクロスに、完璧に抜け出したFW浅野拓磨が左足でゴールした。浅野の活躍もあり、日本は6大会連続のW杯出場を決めている。同選手は試合後にコメントを残している。

「逆サイドでボールを持った長友選手がいいボールを送ってくれたし、それをずっと狙っていた。自分のゴールで日本に勝利をもたらすことができて嬉しい。若い選手とともにこれからの代表を引っ張っていきたい」

 次戦、日本は現地時間5日の20時30分(日本時間 6日2時30分)から、敵地でサウジアラビア代表と対戦する。


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報