ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月07日

シュトゥットガルトの新戦力、アスカシバル「模範はビダル、憧れはマラドーナ」

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


シュトゥットガルトからロシア・ワールドカップへ。大きな夢を抱いてドイツへと乗り込んできたサンチアゴ・アスカシバル。「木曜は当然、来夏のロシア・ワールドカップへの出場だよ。そうあるべきさ。実現できるかもしれないのだから」

そう語ったアルゼンチンU20代表主将は「世界最高のリーグのなかの1つ」であるブンデスリーガでの戦いに向けて、模範としている選手についてバイエルンのアルトゥーロ・ビダルの名前をあげた。

「彼はあのポジションに置いて、完璧な選手だと思う。もちろん得意とするプレーがあるんだけど、でも全てを持ち合わせた選手だと思うね」だがそのふくらはぎに刻まれたタトゥーは、母国アルゼンチンの英雄マラドーナだ。「僕にとっての憧れの選手は、マラドーナさ」

なおシュトゥットガルトでの「最初の印象としては、「とてもポジティブだね。良い選手がたくさんいるし、落ち着きが感じられるよ。多くのポテンシャルをもったクラブだ」と同選手はコメント。

先日のゾネンホフとのテストマッチでは、ヴォルフ監督は「最初の試合で、まったく異なる環境だったけど、でもとても良い感じだった。アクティブで、テンポがあり、対人戦に臨むときにもそれを感じられたよ。悪いところがなかったわけではないが、しかしパスゲームの中でクリアに対処していたね。」と評価。さっそく週末からブンデスデビューを飾ることになるか?

「もしもいけと言われれば、その準備はできている」と語った20歳のMFは、「気迫と常に全力で姿勢というのは、僕たち南米人の根幹に流れるものだ。ただ空中戦でもそうだけど、対人戦でももっと勝てないといけないけどね。」とこれからの戦いにむけての意気込みをみせている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報