ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月02日

シュトゥットガルト、アスカシバルとバートシュトゥーバの穴埋めは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ここまで今夏に獲得したサンチアゴ・アスカシバルは、シュトゥットガルトにとって大当たりともいうべき活躍を披露しているところだが、しかしながらそのアグレッシブなスタイルにより、クラブ史上最速のテンポで累積警告による出場停止を受ける結果にもなってしまった。果たしてシュトゥットガルトはこの穴をどう埋めることになるのか?そこで候補としてあげられるのは4選手だ。

まず一人目はオレル・マンガラ。ドルトムントのユース時代の恩師ヴォルフ監督を慕って加入した若手MFだが、しかし筋肉に硬化を抱えているために「出場できるかは微妙なところだね」とコメント。その一方でアント・グルギッチについては、「いい練習ができている」ところであり、さらにオフォリやデニス・アオゴにも代役を務める可能性はあるだろう。

確かに後者はともに、アスカシバルのようなアグレッシブさには欠ける点はあるのだが、しかしながらテクニックと洞察力、ボール奪取能力に長けており、アオゴについてはさらに経験も豊富であるところはプラスポイントだ。

その一方でシュトゥットガルトでは、ホルガー・バートシュトゥーバが負傷のために欠場することが確定しており、高さをもったグルギッチについては、ボランチ、そしてセンターバックの両方におけるオプションとして、ベンチスタートをさせる判断が下されるかもしれない。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報