ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月22日

シュトゥットガルトのレシュケ氏「とても居心地よく過ごしている」

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に行われた試合では、強豪ボルシア・ドルトムントを相手に貴重な勝ち点3を確保することに成功したシュトゥットガルト。今夏からマネージャーを務めるミヒャエル・レシュケ氏は、「終盤までドキドキしたね。ただ勝ち点3を確保しただけではない。国内外に名が知られたクラブから掴み取ったのだ」と胸を張った。

さらに同氏は、チームに対して「ただ勝ち点3が取れたことが重要なのではない。そこで存在感を示せていたのがよかったね」と賞賛。さらにヴォルフ監督についても「明確なマッチプランをもってやってくれている。賞賛するしかないよ」との評価を述べ、「さらにコーチたちがもつアイデアを、選手たちがしっかりと実践している。完璧にね。クラブの成長の仕方、コーチと選手との関係の発展、そして新たな自信。すべてが気に入っているよ。ここでとても居心地よ区過ごしている」と言葉を続けた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報