ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月24日

ハノーファー戦での雪辱?「今は状況が違う」

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に対戦する、今季ここまでともに奮闘をみせる昇格組、ハノーファーとシュトゥットガルト。前回の対戦では、一方のシュトゥットガルトは2部優勝まで王手をかけ、一方の3位ハノーファーは1部昇格にむけて必勝体制で臨む、非常に緊張感のあるなかで行われた。

最終的にハノーファーが勝利したものの、2位ブラウンシュヴァイクが降格争いを演じていたビーレフェルトにまさかの大敗を喫し、最終節までもつれ込むことが確実視されていた昇格争いから、ブラウンシュヴァイクが得失点差の関係上ほぼ早期に離脱するという奇妙な結果となっている。

「今回はビーレフェルト戦は同時開催ではないのかい?」と冗談を語ったはネス・ヴォルフ監督は、当時について「1点リードされていたのだが、一方でビーレフェルトが得点を重ねて、どんどん我々の立場がよくなっていったんだ。一体何が起こっているんだと思ったね」とコメント。

なお今回は前回の雪辱を果たすという意味合いもあるが、「あの時とはまた異なる時期にあるものだし、比較できないよ。あのときはお互いに慎重な戦いを見せていたが、この回はその点で状況がちがう。よりオープンな試合展開となるはずだ。だから意欲的にプレーし、全力を尽くしてほしいね。」と選手たちへ要求した。「モチベーションはありあまるくらいすでに持ち合わせている」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報