ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月29日

負傷離脱中のツィマーマンに、シュトゥットガルトが延長をオファー

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アコロやドニス、マネらとともに、現在シュトゥットガルトの負傷者リストに名前を連ねているマティアス・ツィマーマン。一昨年前に4年すごしたグラードバッハを後にして、シュトゥットガルトでブンデス1部での飛躍を目指したMFだったのだが、しかしその年はトップチームでわずか2試合に出場。チームは2部降格を味わう結果となっている。

しかしツィマーマンは昨シーズン2部で27試合に出場。主力としてブンデス1部返り咲きに貢献し、今夏は再びブンデス1部への挑戦に闘志を燃やしていた。だがそんなツィマーマンに悪夢がおそいかかる。開幕直前に行われた2部インゴルシュタットとのテストマッチにて、同選手は前十字靭帯を断裂するという大怪我を負い長期離脱へ。復帰時期は順調にいって来年2月以降とみられているところだ。

現在はエアロバイクや水中ジョギングなどを「順調にこなしている」という25才は、「痛みもないし順調だよ」と明るい表情をみせており、「これからブンデスで証明しようという矢先の負傷でショックだった」と負傷について振り返った。

そんなツィマーマンに対して、クラブ側は今季までとなっている契約をさらに2019年まで延長するようオファーを提示。ツィマーマン自身はそのチームからの信頼に喜びをみせつつも、「いまはまずは復帰を果たすことが大切。シーズン中にあと何試合かはプレーがしたいんだ」と復帰にむけて闘志を燃やしている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報