ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月06日

シュトゥットガルトのミヒャエル・レシュケ氏がチームを賞賛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今夏からマネージャーを務めるミヒャエル・レシュケ氏が、前半戦を振り返り「このチームが我々に見せているもの、それはとても感動的だ。特にそれはホーム戦でいえる」と語った。

「ここまで勝ち点17という、見事な成績を残している。このチームはとてもいい組み合わせで構成されているんだ。伸び代をもった若手選手と、そして経験豊富なベテラン選手たちがチームを支えてくれている。」

さらに同氏は「そして選手たちはシュトゥットガルトを代表して懸命に戦っているんだ。我々としてはこの道を歩み続けていき、そしてシーズン終了時には1部残留を果たしているものと期待している」とコメント。

「新しい選手を追加するということが大切なのではなく、最も重要なことは既存の選手について言えることだ」とのべ、特に先日延長した「エズカンとバウムガルトルについては、契約には例外条項は含まれてはいないし、これからのさらなる成長を楽しみにしているよ」と期待をよせた。

「こういった若手選手が主力の座を射止め、そしてチームの成功の貢献しているんだ。いまやバウムガルトルは最もドイツで注目されている選手の1人に数えられるし、そのような選手と長期契約を結んだということは、将来に向けての大きなシグナルを発しているといえるだろう」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報