ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月09日

シュトゥットガルト、レヴァークーゼンに完敗…浅野は途中出場も不発

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブンデスリーガ第15節が8日に行われ、日本代表FW浅野拓磨の所属するシュトゥットガルトはホームでレヴァークーゼンと対戦した。

 試合は直近のリーグ戦9試合負けなしのレヴァークーゼンが主導権を握る。21分、左サイド高い位置でのスローインからレオン・ベイリーがドリブルでペナルティエリア左内までボールを運びグラウンダー性のセンタリングを供給。ゴール前に走り込んだカイ・ハフェルツが左足でネットに流し込み、レヴァークーゼンが先制点を奪った。前半はそのまま1-0で終了。

 後半が開始すると少しずつシュトゥットガルトがボールをキープする。しかしゴールは奪えず1-0のまま試合は終盤へ。

 80分、左CKをベイリーが蹴ると、ゴール前でラース・ベンダーがヘディングシュートで合わせ、レヴァークーゼンのリードを2点に広げた。

 シュトゥットガルトは85分に浅野拓磨を投入し、攻撃の活性化を目指したが、最後までゴールは遠く、試合はこのまま終了。

 シュトゥットガルトが0-2で完敗し、今季初のホーム黒星を喫した。一方のレヴァークーゼンは直近10試合を5勝5分で終え、好調を維持している。

 シュトゥットガルトは次節、12日にアウェイでホッフェンハイムと対戦。レヴァークーゼンは13日にブレーメンをホームに迎える。

【スコア】
シュトゥットガルト 0-2 レヴァークーゼン

【得点者】
0-1 21分 カイ・ハフェルツ(レヴァークーゼン)
0-2 80分 ラース・ベンダー(レヴァークーゼン)


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報