ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月20日

シュトゥットガルト、モナコのFWギド・カリージョに関心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


現在FWの補強を模索しているVfBシュトゥットガルトだが、kickerが得た情報によればASモナコ所属のギド・カリージョを注視しているようだ。

26才のアルゼンチン人FWは、2015年からASモナコにてプレー。フィジカルに長けたプレーを得意としており、今季のリーグ戦で出場した14試合のうち、先発はわずか2試合ながら、ここまで94分間に1得点のペースで得点をマークしている。(CL出場は5試合、先発1)

なお今夏にバイエルンからシュトゥットガルトのマネージャーとなったミヒャエル・レシュケ氏は、特にレヴァークーゼン時代に南米で強いネットワークをもっていたことで知られており、現在バイエルンで活躍するアルトゥーロ・ビダルもその一人。

そして今夏にはアルゼンチンからサンチアゴ・アスカシバルを獲得、現在はシュトゥットガルトの中盤で主力選手として活躍しており、昨季の2部昇格を支えた左SBエミリアーノ・インスアも含め、もしもカリージョ加入となれば3人目のアルゼンチン人選手が所属することになる。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報