ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月04日

ゴメスが古巣で再始動、浅野拓磨らは別メニュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


火曜日に乳酸テストを済ませ、そして水曜午前に冬季キャンプ地ラ・マンガへと向かったVfBシュトゥットガルト。そこにはもちろんあの選手、先日復帰が明かされたマリオ・ゴメスの姿があった。

総勢23選手のなかには。2017年4月に右膝の軟骨を損傷したカルロス・マネーも。再びボールを使った練習を行なっており、復帰までにはまだしばらくの時間が必要だが、これからも精力的にリハビリを行なっていく予定だ。

ただし軽い風邪を患ってる浅野拓磨はじめ、軽く筋肉系の問題を抱えるオレル・マンガラアナスタシオス・ドニス、足首の負傷をかかえるアイウトンはそれぞれ別メニュー。


また移籍の可能性が取りざたされているアント・グルギッチエベニーザー・オフォーリの姿は見受けられなかった。

なお今回のキャンプ期間中では2試合のテストマッチが開催予定となっておる、土曜日にはトウェンテと、翌週月曜にはオーステンデとそれぞれ腕試しを行う。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報