ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月10日

スイス代表グルギッチ、母国スイスで争奪戦

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


チームメイトらが後半戦の初戦ヘルタ・ベルリン戦にむけて準備を進める中、アント・グルギッチが母国スイスにて新天地を模索、そしてどうやらまもなくしてその移籍先が判明することになる模様。現在はシオンとルガーノからの関心が寄せられている。スイス代表は昨夏にも移籍先を模索、しかしながら負傷の影響で成立までには至っていなかった。

ハネス・ヴォルフ監督の下では21才のボランチは長きにわたり役割を得られておらず、kickerが得た情報によればシオンが争奪戦から抜け出しつつある模様。プランとしてはまずはグルギッチを今季いっぱいまでレンタル、ただし買い取りオプションがつけられることになりそうだ。シュトゥットガルトとの契約は2020年まで。

さらにシュトゥットガルトではギリシャ代表ディミトリスオス・ペルカスに対する関心も伝えられており、24才の攻撃的選手にはPAOKサロニカからの問い合わせが届いているようだ。テクニックに長けながらもフィジカルに弱さを残す同選手は、契約を2021年まで残しているものの、70万ユーロで獲得かのうな状況にある。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報