ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月06日

コクート監督に対する周囲からの逆風に、選手やマネージャーが擁護

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に行われたヴォルフスブルク戦では、シュトゥットガルトでの監督デビュー戦からのシステムを4−2−3−1へと変更、さらに5選手の入れ替えも行なったタイフン・コルクート監督。その理由については「どういった組み合わせがうまく機能するのかチェックした。」と説明。「新しいベースを下にプレーした。それが比較的経験の多い選手を並べた理由でもある」と語った。

その結果ブルニッチやラーセンといった、ヴォルフ監督がドルトムントユース監督時代から指導していた若手選手が先発から外れ、さらにベテランMFクリスチャン・ゲントナーが「ゴメスのサポート」のためにトップ下へと配置。ただ右サイドが不安定になったことで、ゲントナーは右のCMFへとスライドし、その後はギンチェクの投入で4−4−2へと変わっている。

試合後、ゴメスは特に後半では「恐れることなく」戦っていた姿勢を賞賛。「これからもこれを継続していかなくてはならない」と述べ、指揮官も「追いついたことはこれからの勢いにつながる」と、周囲からの逆風の中で前向きに臨んでいくことを強調。

守護神ツィーラーも二人の意見に同調した上で、「このチームは死んではいない。いいリアクションを見せられた。監督交代で新しいアイデアに取り組んでいかなくてはならないし、周囲ではいろんなことが伝えられているけど、僕たちはやり抜かなくてはならないんだ。残りの試合に意欲的に臨み、そしてファンが支えになってくれると確信している。」と言葉を続けた。


ただ 試合後にアオゴが、コルクート監督が試合前にあまり情報を詰め込み過ぎなかったことを評価するコメントをしたところ、それが後ほどにファンから前監督への批判として反発を受ける結果となり、まもなくして自身の見解を改めて発言を迫られるなど、周囲からの加熱はまだまだ冷めてはいない


  • ブンデスリーガ・各チーム情報