ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月05日

シュトゥットガルト、カミンスキと2021年まで延長

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最近就任したタイフン・コルクート監督の下では、ここのところは先発メンバーから外れているマルチン・カミンスキだが、しかしながらシュトゥットガルトは月曜、ポーランド人DFとの契約を延長することで合意したことを発表した。

2部降格を喫した昨シーズンに、ポーランド1部レフ・ポズナンから加入した同選手は、これまでブンデス1部2部通算39試合に出場。2019年までとなっていた契約を、さらに2年間延長している。

コルクート監督は、今回の延長について「まだここに来て日が浅いが、マルチンが信頼のおける選手であることはわかったよ。」と賞賛。ただしここのところはセンターバックコンビは、若手のティモ・バウムガルトルとベンジャミン・パヴァールが務めているところだ。

カミンスキは「チーム内でもクラブ内でも、この街でも居心地よく過ごせているし、これからもチームの成功のために貢献していきたい」と延長の喜びについて語った。



  • ブンデスリーガ・各チーム情報