ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月16日

シュトライヒ監督「かつて是が非でもゲントナーを獲得したかった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末には監督交代から無敗が続く、シュトゥットガルトとの対戦が控えているSCフライブルク。しかしタイフン・コルクート監督がハネス・ヴォルフ前監督よりも優れている指揮官であるかどうかという以前に、「今の状況は改善されている」と指摘。負傷離脱選手が少ないことや、マリオ・ゴメスの復帰をその理由としてあげた。「彼は数少ないチャンスでもものにしてしまう選手だ。」

またコルクート監督については、「経験豊富な選手たちを起用する傾向にあるね」ともコメント。そのなかでも主将を務めるクリスチャン・ゲントナーのことへ話が及ぶと、シュトライヒ監督は「彼が若かった頃の話だがね、我々は是が非でも彼を獲得したいと思っていたんだよ」とも明かしている。

なお今回の試合にむけては、「我々は高いモチベーションをもって臨むし、自分たちの力を信じている」と意気込みをみせており、この試合では長期離脱していたベテランMFマイク・フランツのメンバー復帰が見込まれているところだが「先発ということはまだないだろう」とも語った。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報