ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年04月16日

シュトゥットガルト、守備の主力2人が次節欠場か

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


VfBシュトゥットガルトは次節にホームで行われるヴェルダー・ブレーメン戦において、守備の主力2選手を欠いて臨むことを余儀なくされるかもしれない。日曜日にシュトゥットガルトは、アンドレアス・ベックベンヤミン・パヴァールが、週末のハノーファー戦にて負傷を抱えたことを明らかにした。

ベックはハノーファー戦でのハーフタイムにて、膝に痛みを訴えて交代を余儀なくされており、同選手の代わりにはオレル・マンガラが起用されている。「彼の膝は晴れていたよ」と、試合後にマネージャーを務めるミヒャエル・レシュケ氏はコメント。

さらにパヴァールに関しては、フル出場を果たしてはいたものの、足首に痛みを訴えていたという。「そこまで酷くないように願っているし、来週もオプションになってもらえれば」と、タイフン・コルクート監督は述べたが、しかし守備の2選手を欠いて臨む可能性も出てきたことになる。

ただ出場可能かどうかについてなど、詳しい負傷の情報については、まずは精密検査の診断結果を受けてからの判断だ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報