ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月10日

一転、バートシュトゥーバはシュトゥットガルト残留へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


本日午後にプレスカンファレンスを行うVfBシュトゥットガルト。そこで発表されるのは、FWニコラス・ゴンザレスの獲得だけではなく、ホルガー・バートシュトゥーバの残留でもあるようだ。

これは大衆紙ビルトをはじめ、シュトゥットガルトの複数の地元紙も報じたもの。昨季かぎりでシュトゥットガルトとの契約が満了となった元ドイツ代表は、チャンピオンズリーグへの出場を夢見て移籍先を模索していたものの、度重なる膝の重傷を克服し昨季27試合に出場したレフティには、思うようなオファーが届くことはなかったようだ。そのため少なくとも、再び単年契約で残留することになる。

またダニエル・ギンチェクのヴォルフスブルク移籍に伴い、その穴埋めを目指していたシュトゥットガルトは、アルゼンチンのAAアルヘンティノス・ジュニアーズと身長180cm、20歳のFWの獲得に向けて、移籍金850万ユーロにて合意。

ニコラス・ゴンザレスは昨年にアルゼンチン1部デビューを果たして、24試合に出場し7得点をマーク。なおシュトゥットガルトではMFサンチアゴ・アスカシバル、DFエミリアーノ・インスアといった、二人のアルゼンチン人選手が既に在籍している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報