ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月09日

ナポリに断りを入れ、シュトゥットガルトがアスカシバルと延長

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏に行われたトレーニンギグキャンプでは、別メニューでの調整が続いていたサンチアゴ・アスカシバル。現在はチーム練習に参加できるところまで回復をみせているところだが、さらに木曜日にはシュトゥットガルトとの契約を、2023年まで延長することを発表した。

 kickerが得た情報によれば、昨季セリエAで2位となったSSCナポリが、アスカシバルに対して長い間注視し続けているが、マネージャーを務めるミヒャエル・レシュケ氏は「話し合いさえ行われることはなかった」ことを強調。契約には例外条項も含まれていないことを明かしている。

 「我々としては現状、特に移籍金額で利益をあげなくてはならないというわけではない。むしろ強いチームをつくりあげていくことこそが目標なのだ」と宣言、これは今夏に移籍騒動にゆれるベンジャマン・パヴァールに対する決意表明とも受け取れるかもしれない。

 昨夏にシュトゥットガルトに加入した21才のアルゼンチン人MFは、ブンデス1年目でリーグ戦29試合に出場。ベテランMFゲントナーとともに即座に中盤の主力を形成する活躍をみせ、1アシスト、kicker採点平均3.33をマークした。なおシュトゥットガルトでは現在アスカシバルの他、エミリアーノ・インスア、そしてニコラス・ゴンザレスと3人のアルゼンチン人選手が在籍している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報