Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月06日

ベントナー「別れなんて言っていない」

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

bendtner800-1452005216


ヴォルフスブルクに移籍して以降、ここまでバックアッパーとしての役割以上のものを得られていない二クラス・ベントナー。クリスマス前にはチームメイトらに、すでに別れを告げたとも伝えられたが、同選手は「別れなんて誰にも行っていない。ヴォルフスブルクのためにプレーしているし、これからもここで取り組んでいくよ」と語った。


しかしそれと同時に「確かに僕の状況は、決していいものではないけどね」とも。


現在ベントナーはドスト、クルーゼ、さらにシュールレの下に位置しており、11月7日のマインツ戦以降、出場から遠ざかっているところだ。


そのため今後の動向は不透明といわざるをえず、ヴォルフスブルクとしても移籍に特に障害を設けることはしないだろう。


ただしマネージャーのアロフス氏は「二クラスと代理人と話し合いを行ったが、彼らから移籍を切望する言葉は耳にしていない」ことを強調している。





ベナリオ「それぞれがもっと力を発揮しないと」


VfL Wolfsburg v PFC CSKA Moskva - UEFA Champions League


後半戦に向けて主将ディエゴ・ベナリオは、チームに対して檄を飛ばした。

主将:ディエゴ・ベナリオ


チームにどうもっと貢献できるのか、それを選手それぞれが自問自答することが重要だろう。それぞれもっと力を出さなくてはならないよ、ピッチの中でも外でもね。


当然前半戦に関しては不満は残るさ。でもそこからうまくやるための鍵を引き出せれば、それはポジティブなものとも言えるよ。


何人かの選手はエゴを持ち、自分に対する批判がなかった。そういうことを口にしなくてはいけなかったんだ。よくなかった点にしっかりと目を向けないと。


状況はわかっているんだ。とりあえず結果を求められているところだけど、でも僕たちの目標があくまで3位であることを忘れてはいけないよ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker