Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月19日

ユング、まさかの前十字靭帯断裂

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1455811449

ヴォルフスブルクは長期間、セバスチャン・ユングを欠いて臨むことが明らかとなった。同選手は水曜日に行われたCLヘント戦の前半に負傷。その後の検査の結果、左膝の前十字靭帯を断裂していたことが明らかとなっている。


試合後には内側側副じん帯の断裂と見ていたヘッキング監督だったが、予想以上の重傷に「セバスチャンにとってとても痛い怪我だ。最近は明らかに状態が上向いていたし、チームでいかに重要な存在であるかをアピールしていたというのに、我々としてはういまく回復して、早期に復調するよう願っているよ」とコメント。


一方で、これから半年の離脱が見込まれるユング自身は、「後半戦には期待していたんだ。まずはこのショックを消化しなくてはならないよ。もうチームの目標達成の助けとなれないんだ。できるだけ早く回復し、そしてピッチに戻れるように全力を尽くすよ」と語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker