ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月23日

アーノルドほぼフル出場、ベントナーはメンバー外

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Berlin 20 Februar 2016 Fußball 1 Bundesliga 2015 16 Hertha BSC VfL Wolfsburg Maximilian Ar

先日のCLヘント戦で久々に復帰を果たし、そして週末の試合でも続けてフル出場を果たしたマキシミリアン・アーノルド。試合後は「まるで80歳になったようだ。ただどの痛みも心地いいものだけどね」と喜びを見せた。


監督からは「彼が見せているものは見事だ」と賞賛。このことにU21代表MFは「そういってもらえるのは嬉しいよ。ただ別の見方もできるのはわかっているけどね」と述べている。


当初はトップ下を本職としていた同選手だが、今はボランチとして欠かせない存在に。アーノルドは、「こういきたいね。ちょっと時間がかかっちゃったけど。今はボランチで楽しんでいる。ボールにたくさん触れるし、それをつなげていける。とてもいい感じだよ」と語った。


一方で、ユングやシュールレなど負傷者に見舞われ、苦しいやりくりを迫られているヘッキング監督だが、体調に問題はないにもかかわらず、ヘルタ・ベルリン戦でメンバー外とした選手がいる。ニクラス・ベントナーだ。


この判断について、マネージャーのアロフス氏は「監督が助けとなると判断した選手を選んでいる」とコメント。


ただし「確かに通常のことではないが、しかし彼に置かれた状況を示すというのもある。また復帰するという道は当然あるさ」としてはいる。


しかし同選手の立場が変わることは、あまりに想像しがたい。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報