ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月07日

【試合後コメント】ヴォルフスブルク2−0レアル・マドリード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

67260419-1459971870

ヴォルフスブルク 2−0 レアル・マドリード

得点

1−0 リカルド・ロドリゲス(18分PK、シュールレ)

2−0 マキシミリアン・アーノルド(25分、ヘンリケ)




試合後コメント


Dieter Hecking監督:ディーター・ヘッキング(ヴォルフスブルク)

これほどのトップクラブから勝利を収めるには、これほどのエネルギーを試合に注がなくてはならないものだ。レアルがゴールを挙げても、それでも我々は耐え忍ばなくてはならないものだよ。PKの場面については、確かに接触はあったし、明らかなPKだ。今回我々には、レアルが知らないヘンリケという武器がピッチにいたね。

選手たちに大きな賛辞を贈りたい。一丸となってつかんだ勝利だ。セカンンドレグに向けて良い立ち位置につけることができたよ。もしもマドリードで得点することができれば、レアルを倒せるチャンスが出てくるね。そのために全力を尽くすよ。

監督として、次のマインツ戦のことを考える。この素晴らしい戦いで、あまり消耗しすぎていないことを希望するよ。欧州リーグ出場権の獲得もめざしていかなくてはならないのだ。

.. マルセロの演技について

あんなことはあってはいけないし、スポーツマンシップに反する行為だ。アーノルドの警告はふさわしいものではなかった。逆だよ。マルセロには俳優になったらどうかと伝えた。審判がちゃんとみて退場にしていれば、アーノルドが警告を受けることもなかっただろうし、マルセロに苦言をいう必要もなかっただろう。苛立ちを覚えるよ。あれは不必要だった。


Zinedine Zidane監督:ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード)

前半では大きな問題を抱えていた。後半では良くなっていたのだが、しかしそれでも十分ではなかったよ。全ての責任は私が負う。分析して敗戦の理由を見つけなくてはいけない。動きが足りなかったし、チームに激しさがなかった。交代は功を奏さずに違いを生み出せなかったよ。満足はできないが、冷静さをうしなうこともできない。全てが悪かったというわけではないんだ。2ndレグでは、取り返すチャンスがある。とにかく信じること、冷静さを欠かないようにしないとね。


マネージャー:クラウス・アロフス(ヴォルフスブルク)

話し合っていたことすべてを実践することができていたよ。意欲的に前に向かってプレーし、そしてボールをしっかりとキープするということだ。この試合で戦えるという感覚は、すぐに覚えることができた。2ndレグでも同様に意欲的にプレーするのであれば、準決勝進出のチャンスはあるさ。これで勝ち抜ける小さなチャンスが出てきたね。今日はとにかく楽しむよ。それは誰にも奪う資格はない。レアル戦でも不安はなかったし、世界に絶対に勝てないチームなど存在しないと思っている。小さなチャンスはあると見ていた。とてもうまく試合をコントロールしていたね。ヘンリケが新しい刺激をもたらしていた。それにレアルを相手に無失点に抑えられたよ。ただベルナベウでの試合では、全てがうまくいかなくてはいけない。点を取る必要があると思うし、それで状況は変わるだろう。あとブンデスでも良い戦いをみせなくてはいけない。ただ今日はいいよ。明日また考えるさ。

Diego Benaglio主将:ディエゴ・ベナリオ(ヴォルフスブルク)

今日は思っていたことを実践できた。試合の全ての時間帯でね。今日のプレーは見事だったよ。勝ち抜けるという夢がまだ残っているね。今回の試合は記憶に残り続けるものだね。とても良いチームパフォーマンスをピッチで表現することができたよ。結果についてはうれしく思うけど、でも次にはマドリードでの戦いが待っているんだ。


Julian DraxlerMF:ユリアン・ドラクスラー(ヴォルフスブルク)

今日はとても良いプレーだった。自分たちの力を信じ、とてもアグレッシブにプレーすることができたよ。最近の試合の後では、あまり期待できなかったくらいにね。ただこれから2戦目が待っていることもわかっているよ。クラブのみんなが喜んでいるけど、でも浮かれているわけではない。セカンドレグでは大変な仕事がまっていることがわかっているから。ミスはおかせないよ。リラックスするには早すぎる。ブンデスでは思うような戦いができていないわけだし。それを忘れてはいけないよ。レアルにこの状況を挽回できる力があることはわかっているんだ。勝ち抜けに一歩進んだとまでは言えないよ。


Maximilian ArnoldMF:マキシミリアン・アーノルド(ヴォルフスブルク)

成果を挙げるまではね。いまは55%のところまで到達したという感じだ。マドリードでの試合で、今日以上とはまではいわずとも、またこういうパフォーマンスを見せなくてはならないよ。

… レアルを相手に得点

今日は闘争心をもって取り組んでいたよ。2点をとって無失点でおわった。素晴らしい立ち位置につけられた。ただマドリードでの試合はまた気合いを入れてコンパクトに構えないとね。ツキがあればまた得点できるだろう。今日はそのうち眠りにつけるだろうけど、このゴールのことはこれから数日は忘れられないだろうし、また見かえすことになるだろうね。

… マルセロの演技が問題視。その後に言葉を浴びせていたが

君のような髪がほしいもんだね、って言ったんだよ。

Josuha GuilavoguiMF:ジョシュア・ギラボギ(ヴォルフスブルク)

ベルナベウは素晴らしいスタジアム。すごい雰囲気に包まれるだろう。僕たちにはチャンスがあるけど、でもこの試合よりも良いプレーをしなくてはならないのではないかと思う。レアルはちょっと疲れていたんじゃないかな。ただそれは僕たちの問題ではない。僕たちは良かったよ。数年前にはモナコが決勝にまで進んでいるしね。レアルに勝てれば、どこにチームにでも勝てる。でも周囲の雑音に惑わされてもいけない。まずは重要なマインツ戦がひかえている。レンタルについてはクラブと何も話していないよ。シーズンの戦いは複雑だからね。それに僕だけではどうしようもないことだし。

Bruno HenriqueFW:ブルーノ・ヘンリケ(ヴォルフスブルク)

素晴らしい夜だ。ただ僕たちは勝ち抜けないといけないし、そのためにはまだタフなタスクがまっているよ。これまで僕は先発の座を掴むため、ハードに取り組んできた。この試合をとても楽しみにしていたよ。ただ相手はトッププレイヤーばかり。それでもチームメイトのサポートを信頼していたよ。素晴らしいチームパフォーマンスだった。ファンからのブルーノコールは忘れられないだろうね。アシストの場面は、ドラクスラーからの素晴らしいパスが来てからのものだ。そしてすぐにアーノルドがPAにきてシュートする姿がイメージできたよ。僕自身もクオリティを発揮できた試合だったし、良い試合を演じることができたね。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報