Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月16日

アスクエス、今度は筋損傷で離脱

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

asc8-1460715801

ヴォルフスブルクは金曜、カルロス・アスクエスが右足ふくらはぎに筋損傷を抱え、離脱することを発表した。

同選手は木曜午後に行われた練習で負傷したとのことで、23歳のペルー代表がこれからどれほど離脱することになるのかは、今の所はまだ明らかになっていない。ただこのような負傷の場合は、たいていは回復に1ヶ月ほど要するものではある。

アスクエスは1月に、半月板の損傷により手術。

ヘッキング監督は「カルロスにとって辛いニュースだ。負傷から回復し、最近数週間は特に進展が見られていただけに。早期回復を願っているよ」と述べた。

187cmのDFは昨夏にヴォルフスブルクへと加入。先日の第28節でブンデスデビューを果たしている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker