ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月17日

ヴォルフスブルク、ギラボギの買い取りオプションを行使

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Fußball-Bundesliga- 2015/16 - SV Werder Bremen - VfL Wolfsburg 3:2

既報通りジョシュア・ギラボギが、ヴォルフスブルクへこのまま残留することとなった。これは火曜日にヴォルフスブルクが発表したもので、レンタルで加入していた25歳のフランス人ボランチとの買い取りオプションを行使。2019年前の契約を結んでいる。


「ヴォルフスブルクという素晴らしいクラブの一員として、これからもプレーできることを嬉しく思うよ。初日から居心地の良さを感じていたし、ここに長くとどまることをずっと希望していたんだ」とギラボギは喜びを語った。


2014年にアトレチコ・マドリーからレンタルにて加入した同選手は、プレーのみならず人間性でもチームにとって大きな存在となっており、今季はリーグ戦29試合に出場、さらにチャンピオンズリーグでは10試合中9試合でプレーした。


だが今季は欧州リーグ出場権獲得を逃す結果となっており、ギラボギは「ヴォルフスブルクが長期間、リーグの上位に位置して、そして定期的に欧州の舞台で戦えるように貢献したい」と意気込みをみせている。


なお今回の買い取り金額は300万ユーロとも報じられ、レンタル料を加味するとおよそ1000万ユーロでの獲得となったようだ。マネージャーのアロフス氏は「ジョシュアを獲得できてうれしい。彼を長期的に保持したいとずっと思っていたし、伸び代をもった選手で、これからも共に成功を掴んでいきたいと思うよ」と語った。