Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月25日

ナウド、アロフス氏の発言に「残念」

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1464093601

今季限りでヴォルフスブルクを退団し、シャルケに移籍することとなったナウド。ブレーメン時代から同選手を知るマネージャーのアロフス氏は、移籍金なしで守備の要を失うことについて「失望している。我々はこれからもナウドと共に戦っていくと思っていたんだ」と、kickerに対して失望感を露わにしていた。


一方、これを読んだナウドは「残念だ」と地元紙ヴォルフスブルガー・アルゲマイネに対してコメント。


ヴォルフスブルクでの4年間は全力を尽くしてチームに貢献してきたことを強調し、肩の痛みがあっても医師の判断よりも早い時期に復帰してプレーしていたことも明かした。


そして移籍については、「ヴォルフスブルクよりも明らかに好条件を提示したクラブが2つあり、ヴォルフスブルクはそれに戦おうという印象はなかた」と述べ、シャルケを選択した理由については「シャルケは獲得のために戦ってくれたし、それに国際舞台で戦えること」も加味されたと説明している。


2005年から2012年までブレーメンで、その後はヴォルフスブルクでプレーしてきたナウドは、ここまでブンデス通算125試合に出場、CBながら16得点をマークしてきた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker