ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月17日

クルーゼとドストが移籍か、ヤンセンに関心

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

昨夏に移籍金1200万ユーロでグラードバッハから加入したマックス・クルーゼ。ユーロに向けて飛躍を期して臨んだシーズンだったのだが、しかしピッチ外での騒ぎが続いた上、さらには思うようなパフォーマンスを残せなかったことから、代表メンバーから落選する結果となってしまった。


そんな中、マネージャーのアロフス氏は「クルーゼが新天地を模索している」とコメント。ただしその一方で、2019年まで契約を残していることからも「どんな値段でもいいというわけにはいかないがね」と付け加えている。


なお代表として14試合に出場しているFWは、海外でのプレーを希望している模様だ。さらにFWバス・ドストについても移籍の噂が浮上、ハンブルクとの繋がりが指摘されており、ヴォルフスブルクとしてはFWの補強が求められることになるが、アロフス氏はその候補として名前が挙がったアルクマールのヴィンセント・ヤンセンに対する関心を認め、同選手にはトッテナムからの関心が伝えられていることからも「彼だけ見ているのではない。複数のオプションを見ている」と述べた。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報