Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月01日

アロフス氏、シュールレへのドルトムントからの関心を認める

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

ヘンリク・ミキタリアンのマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が間近に迫っていることが伝えられたドルトムント。その一方でトゥヘル前監督のマインツ時代の教え子、アンドレ・シュールレが獲得希望リストの上位にいることも伝えられていたが、同選手が所属するヴォルフスブルクのマネージャーのアロフス氏が、ドルトムントからの関心について認める発言を行った。


「以前のトゥヘル監督とのつながりから興味を抱いているようだね」


以前には「シュールレを売却することはない」と明言していたのだが、今回は「金銭面について無視することできない。ただ必要に迫られているわけではないよ。いいチームでシーズンに臨まなくてはならないんだ」と語っている。


ただ2015年冬に移籍金3000万ユーロで獲得したドイツ代表MFは、ヴォルフスブルクとの契約を2019年まで残しており、獲得には多くの資金を要することにはなるだろう。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker