Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月23日

ヴォルフス、マヨラル獲得もコスティッチは断念

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

アンドレ・シュールレのドルトムント移籍が発表された金曜、ヴォルフスブルクは既報通りボルハ・マヨラルを獲得した。1年間のレンタルだが、両サイドが合意するならばさらに1年間の延長できるオプションもつけられている。


ヘッキング監督は「力強いFWで、得点力はすでに折紙つきだよ。テクニックも兼ね備えている。これからはブンデスリーガ、そしてチームに慣れるために必要な時間を十分に与える」とコメント。マネージャーのアロフス氏は「長い間チェックしてきた。これからという選手だよ、成長のプラットフォームをしっかりと提供する」との考えを述べた。


レアル・マドリードの下部チームに在籍する同選手だが、昨シーズンはトップチームでも6試合に出場。U19欧州選手権では得点王にも輝いており、「ヴォルフスブルクでできるだけ多く出場して勝利したい。そしてCL出場権獲得という目標をともに達成したいよ。ここにきた瞬間から良い感覚を覚えている。最初の練習、試合、そしてチームメイトとの顔合わせを楽しみにしているよ」と意気込みを語っている。


VfL Wolfsburg v VfB Stuttgart - Bundesligaコスティッチ争奪戦からは離脱


その一方で、アンドレ・シュールレの後釜として名前が浮上していたシュトゥットガルトのフィリプ・コスティッチについては、kickerが得た情報によればヴォルフスブルクはすでに争奪戦から脱落した模様。確かにクラブ間では合意に至ったものの、選手とは合意には至らなかったことが原因のようだ。


なおコスティッチはすでにハンブルクと移籍で合意。しかしこちらの場合はシュトゥットガルトが求める1500万ユーロではなく1200万ユーロを用意していることからクラブ間で合意できておらず、そのほかコスティッチにはプレミアのエヴァートンがオファーを、サウサンプトンとインテルも関心を示していることが伝えられた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker