ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月27日

ギラボギ「残留は問題無い」、ダンテに元恩師が触手

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1469543275

母国リーグアンのASモナコからの関心が伝えられているジョシュア・ギラボギだが、今後について「まったくわからない。8月終わりまで時間が残されているし、サッカーの世界では読めないものさ。プレミアに行こうがモナコに行こうが、今重要なことは体調を整えることだよ。監督は残留を希望しているし、良い答えをみつけられるさ」と語った。


そのヘッキング監督は、先日のセルティックとベンフィカとのテストマッチで、試合の半分ながらギラボギを主将に任命。この信頼にギラボギも喜びをみせており「1つのシグナルじゃないかな。とても嬉しく思っているよ。ただその2回とも敗戦してしまったけどね。」と述べ、「残留したとのしても問題はないよ。ここに来る前のことは忘れてはいない。ヴォルフスブルクは僕のために戦ってくれた。残留でも僕は全力を尽くし続ける」と意気込みをみせている。


dante8-1469532832その一方でフランスのレ・キップ紙は、OGCニースがダンテ獲得を目指していると報じた。ニースといえば先日、グラードバッハで指揮をとったルシアン・ファヴレ氏が監督に就任しており、そのグラードバッハ時代にダンテは大きな飛躍をみせ、バイエルンへと移籍した経緯がある。


今夏には守備の要ナウドが移籍したこともあり、マネージャーのアロフス氏は「これ以上、センターバックを放出することはしない」との考えを示した。