ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月31日

モナコから関心のギラボギが頚椎を骨折

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Tournament of Five Violins Sporting vs Wolfsburg Lisbon 30 07 2016 Sporting CP played tonight wi

土曜日に行われたスポルティング・リスボンとのテストマッチで、相手選手との対人戦の際に負傷したジョシュア・ギラボギが、頚椎の一部を骨折したことが明らかとなった。これは日曜日にリスボンの病院で受けた精密検査によって判明したもので、ギラボギは首を固定した状態でチームとともに帰国。そこでさらなる検査を受けることになる。


最近ではASモナコからの関心も伝えられていた25歳のボランチは、「医師の話では、不幸中の幸いなんだそうだ。相手選手のことを批判するつもりはないし、あれは不運な状況だったよ。とにかく良い形で、できる限り早く回復し、プレーすることを願っている」と語った。


フランス代表として7試合の出場経験をもつ同選手は、2014年にアトレチコ・マドリーからレンタルで加入し、その間に買い取りオプションを行使。昨シーズンは30試合に出場して、2得点をマークしている。(kicker採点平均:3.84)