ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月02日

ドイツ代表クルーゼのブレーメン復帰が間近に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FC Basel v VfL Wolfsburg - Friendly Match

ヴェルダー・ブレーメンはマックス・クルーゼの復帰に迫っている。無事にドイツ代表FWがメディカルチェックをクリアできれば、水曜日にも正式に発表されることになるだろう。


マネージャーのバウマン氏は「マックスは大きな助けとなる選手だ」と期待感を口にした。


移籍金額については特に明かされていないが、約700万ユーロになるとみられ、契約期間は3〜4年になる模様。


ブレーメンは今夏にヴェステルゴーア(約1300万ユーロ)とウジャー(1100万ユーロ)を得ているが、ヴォルフスブルク時代のサラリーの減額はさけられない。


2006〜2009年までブレーメンに在籍した同選手は、シャーフ監督の下ではブレイクすることができずに2部ザンクトパウリへと移籍。それからフライブルクで活躍をみせると、グラードバッハでドイツ代表へと飛躍。昨夏にはヴォルフスブルクへと移籍した。


しかしピッチ外でのスキャンダルなどもあってパフォーマンスが低下、今夏に行われたユーロ出場を逃す結果となっている。


260x195_hPKxoQJ4Gzガルベスはエイバルへ、サネ兄が交渉に


その一方でアレハンドロ・ガルベスの移籍が迫っている。ラ・リーガに対して同選手は、エイバルと合意に達したことを伝え、kickerも契約面で合意したとの情報を得た。水曜にもメディカルチェックを行う。


2年間ブレーメンに在籍し、41試合に出場していたガルベスは、故郷のグラナダへの移籍を希望していたものの成立には至らず、移籍金150万ユーロでエイバルに向かうことになった。


ただしブレーメンはすでにCBの補強に迫っており、ハノーファーのサリフ・サネの兄で、ラミーヌ・サネ(29)が交渉のため、所属するボルドーの練習参加を見合わせた。すでに同選手に対する関心は、火曜にバウマン氏が認めている。