ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月05日

ドラクスラー、木曜はガルシア会長とも話し合い

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

drax8-1470307667

水曜日にヘッキング監督とマネージャーのアロフス氏との3者会談を行ったユリアン・ドラクスラーだが、kickerが得た情報によれば木曜にはアロフス氏を伴い、フランシスコ・ハビエル・ガルシア・ザンツ会長とも3者会談を行ったようだ。


ここのところはドラクスラーの移籍騒動でヴォルフスブルクは揺れており、ドラクスラー自身は、「加入するとき、チャンスがあれば移籍することも可能だといってくれていたのにね。ヘッキング監督もアロフス氏も」と語っていたのだが、マネージャーのアロフス氏は「口頭でも書面でも、ドラクスラーを今夏の移籍期間で移籍可能とする合意は全くない。それは来年夏に、例外条項が行使可能となっていることからも見て取れることだ。今回の移籍期間でドラクスラーが移籍することはないよ」と反論を展開している。


そして木曜朝は、その日の夕方にマルメで行われるテストマッチのため、ヴォルフスブルクの選手は一路、スウェーデンのストックホルムへと向かっていたのだが、膝蓋腱に問題を抱えるというドラクスラーの姿はそこにはなかった。しかしそのかわりにガルシア会長の下を訪れ、同会長から改めて、今年の移籍を容認することはないことを強調した模様。


なおドラクスラーはアロフス氏とともに、そのままスウェーデンへと向かっている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報