ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月09日

インテル監督退任で、グスタボの移籍が不透明に

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Fußball Bundesliga Training VfL Wolfsburg Luiz Gustavo Wolfsburg 22 Portrait Porträt Einzelbi

kickerが得た情報によれば、ルイス・グスタボとインテルは移籍で大まかに合意していたものの、しかし獲得を希望していたマンチーニ監督の退任に伴って、先行きが不透明な状況となった。


マネージャーのアロフス氏は「イタリアからの知らせに毎日答えることなんてできないよ」とコメント。最近ではユベントスとの交渉も伝えられた同選手は、あくまで「移籍市場が終わるまでどんな可能性もあるさ」と述べるにとどまっている。


ただしグスタボの契約に含まれていた移籍金2500万ユーロの例外条項は6月末で無効になっており、ナウド、シュールレらが移籍したことで、これ以上の主力の流出を避けたいアロフス氏は、ここから安売りするのではなくむしろ例外条項より「高い金額」なら検討する考えを示唆。


しかし伝えられるところでは、インテルが用意している移籍金は1800万ユーロ+ボーナス200万ユーロとなっている模様で、仮にインテルが獲得に動いた場合、果たしてこの条件でヴォルフスブルクと交渉の席に臨むことができるだろうか。


VfL Wolfsburg Trainingslager in Bad Waltersdorf Sportplatz Bad Blumau 07 08 2016 Julian DRAXLER zヴィエイリーニャが長期離脱


また日曜日の練習でドラクスラーとの対人戦で右足首を負傷し、痛みで顔を歪めながらそのまま車で搬送されたヴィエイリーニャ。その後の検査の結果、外側側副靭帯の1つを断裂していることが確認された。そのためポルトガル代表は、これから数週間の離脱を余儀なくされることになる。


なおヴォルフスブルクではセバスチャン・ユングがまだ復帰を目指しているところであり、オプションはクリスチャン・トレーシュに加え、MFが本職のセグインもテストマッチでプレーしているところだ。