Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月18日

マリオ・ゴメスがヴォルフスブルクへ移籍

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

jubelgomez800-1471431960

既報通りヴォルフスブルクは、マリオ・ゴメスを獲得したことを発表した。本日に同選手の代理人を務めるウリ・フェルバー氏がフィオレンティーナへと向かい詳細を詰めて成立。契約に関する詳細は明かされていないが、移籍金額は約700万ユーロとみられ、背番号は33。

マネージャーのアロフス氏は「ゴメスの獲得には、この冬から取り組んでいたからね。それがうまくいって嬉しいよ。マリオは国際的に活躍できるフォーマットをもった選手だ。プレー面でのクオリティだけでなく、その豊富な経験もチームをさらに押し上げてくれることだろう。それに彼の持つ野心は、我々にぴったりだよ」と喜びを見せ、さらにディーター・ヘッキング監督は「私からみれば、マリオはドイツでベストのFWだ。それはこれまでの彼の成功と成績が証明している。加えてリーダーシップも兼ねそなえた選手でもあり、明確に考えを伝えるといううちに不足している部分ももっているよ」との評価を述べた。

一方のゴメスは、移籍を決断した理由について「アロフス氏とヘッキング監督との話し合いはとてもよかった」と明かし、「ブンデスに戻ってこれてとても嬉しいよ。ヴォルフスブルクを再び国際舞台へと押し上げたいし、それができるという確信も持っている」と意気込んでいる。

かつてシュトゥットガルトやバイエルンでプレーした31歳のドイツ代表FWは、昨シーズンはトルコ1部ベシクタシュへとレンタル移籍し、そこで26得点をマークして得点王を獲得。しかし国内の情勢悪化を踏まえ、トルコでのプレーには一度ピリオドを打つ考えを示していた。


なお今夏に行われたユーロでも、4試合で2得点をあげる活躍を見せたが大腿筋の負傷で離脱。しかしリハビリは間も無く終了する見通しで、近くチーム練習にも復帰予定。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker