ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月01日

CB補強を目指していたヴォルフスブルクがヴォルシャイト獲得

VfL Wolfsburg
VfLヴォルフスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

wollscheid800-1472652788

長くCBの補強を目指していたヴォルフスブルクだが、移籍期日最終日にフィリップ・ヴォルシャイトを獲得したことを発表。なお選手と合意に達していたソン・フンミンについては、クラブ側との間で移籍金をめぐり折り合いがついていない。


ダンテやナウドといった主力CBが相次いで移籍したヴォルフスブルクでは、これまでドルトムントのギンターやハノーファーのサネらの名前が浮上。しかしギンターについてはドルトムント側に放出の意思がなく、またサネについてはハノーファーからの要求が高すぎたことから、先日マネージャーのアロフス氏はすでに、獲得を断念したことを明かしていた。


なおヴォルシャイトについては、ニュルンベルク時代にヘッキング監督が始動した間柄でもあり、その後にレヴァークーゼンへと移籍。マインツへのレンタルを経て、プレミアのストーク・シティへと渡っている。そこで194cmのCBは主力として昨季リーグ戦31試合に出場し、今季もミドルスブラ戦とマンチェスター・シティ戦でともにフル出場。そして今夏には1年半ぶりに、ヴォルフスブルクにてブンデス復帰を果たすことになった。